ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

2015年☆ゆず 国立代々木競技場の座席表

      2017/04/09

ゆずの国立代々木競技場でのライブ開催が決定しました!

国立代々木競技場 第一体育館の最寄駅はJR山手線の「原宿駅」になり、徒歩5分ほどで到着します。

渋谷駅からは、徒歩約15分ほどかかります。

副都心線をご利用の場合、明治神宮駅前で降りると、徒歩5分の距離です。

全国座席表サイトでは国立代々木競技場座席表情報、ゆず専用座席表ページから、詳しいライブ情報をお届けしています。

スポンサーリンク

ライブ日程

11月17日(火) 【東京】国立代々木競技場 第一体育館 (開場 17:30/開演 18:30)
11月18日(水) 【東京】国立代々木競技場 第一体育館 (開場 17:30/開演 18:30)

悠仁さん(ゆず)の歌声

ゆずの悠仁さんの歌声って、曲などによってかなりの変化が見られますね。

今回は完全に個人的な感想ですが代表曲を参考にしながら

悠仁さんの歌声について見てみようと思います。

相方である岩沢厚治さんと比べて

これは、ほとんどの曲で見られることなのですが、

悠仁さんは、基本的に相方よりも低いトーンで歌っています。

悠仁さん自身もかなり高い声がでることで有名ですが

遠くに響きわたる高い声となってしまうとやはり軍配は相方に上がってしまいます。

相方と同じように高い声で歌ってしまうと、相方の声にかき消されて

綺麗なデュオにはならないでしょうね。

デビュー曲である夏色からみる悠仁さんの歌声

ゆずのデビュー曲「夏色」のPVを見てみると分かるのですが

悠仁さんは、タンバリンを軽快に叩きながらポイントで歌っていますね。

もちろんソロパートもありますが

多くはないようです。

ライブなどでも、タンバリンを叩きながら踊ったり、飛び跳ねたり

悠仁さんの歌声を聞きたいって方にはあまりオススメできない楽曲です。

どちらかと言うと楽しそうな悠仁さんを見たいって方にはオススメできる楽曲です。

ロング曲「いつか」からみる悠仁さんの歌声

この曲は比較的ゆずの曲の中では長い曲になるのではないでしょうか!?

さらに、個人的ですが悠仁さん(ゆず)の歌声

ゆずの悠仁さんの歌声って、曲などによってかなりの変化が見られますね。

今回は完全に個人的な感想ですが代表曲を参考にしながら

悠仁さんの歌声について見てみようと思います。

相方である岩沢厚治さんと比べて

これは、ほとんどの曲で見られることなのですが、

悠仁さんは、基本的に相方よりも低いトーンで歌っています。

悠仁さん自身もかなり高い声がでることで有名ですが

遠くに響きわたる高い声となってしまうとやはり軍配は相方に上がってしまいます。

相方と同じように高い声で歌ってしまうと、相方の声にかき消されて

綺麗なデュオにはならないでしょうね。

デビュー曲である夏色からみる悠仁さんの歌声

ゆずのデビュー曲「夏色」のPVを見てみると分かるのですが

悠仁さんは、タンバリンを軽快に叩きながらポイントで歌っていますね。

もちろんソロパートもありますが

多くはないようです。

ライブなどでも、タンバリンを叩きながら踊ったり、飛び跳ねたり

悠仁さんの歌声を聞きたいって方にはあまりオススメできない楽曲です。

どちらかと言うと楽しそうな悠仁さんを見たいって方にはオススメできる楽曲です。

ロング曲「いつか」からみる悠仁さんの歌声

この曲は比較的にゆずの曲の中でも悠仁さんのパートが多いですね。

また、ゆずの曲と言えば声が高いとイメージですが

この曲はキーも低くて、テンポも遅いのでカラオケなどでも歌いやすくオススメです。

この曲での悠仁さんの歌声は、「男らしく力強い声」そんなイメージですがね。

「夏色」と違った悠仁さんを見てみたいって思った方にオススメできる楽曲です。

恋の歌謡日からみる悠仁さん

ゆずの曲の中でも賛否が分かれる曲だと思っています。

それは今までのゆずの曲とリズムも展開もかなり個性的なものになっております。

ちなみに私はこの曲、大好きです。

この「恋の歌謡日」のみどころはやはりPVですかね。

なんと言っても印象的だったのが悠仁さんの女装姿

設定上、悠仁さんは女、相方である岩沢さんは男

悠仁さんが基本的に高い声で歌っているのが特徴ですかね。

また台詞も入っているので、悠仁さんの女の台詞を聞きたいという方にはオススメです。

といったように様々な歌い方をしている悠仁さん(ゆず)の歌声

ゆずの悠仁さんの歌声って、曲などによってかなりの変化が見られますね。

スポンサーリンク

国立代々木競技場 第一体育館の座席表について

■国立代々木競技場 第一体育館のアリーナ座席表パターン①

国立代々木競技場 第一体育館のアリーナ座席表

国立代々木競技場 第一体育館の基本的な座席表です。

ステージは基本的に渋谷側に作られ、原宿側がステージから遠い座席になります。

A2ブロック、B4ブロックなど、アルファベットと数字でアリーナ座席はわけられることが多いです。

 

国立代々木競技場 第一体育館のアリーナ座席表

その1ブロックには、大きいブロックで約216座席あります。

横12席×縦18席の構成になり、数字が大きいほどステージからは遠くなります。

 

■国立代々木競技場 第一体育館のスタンド座席表

国立代々木競技場 第一体育館のスタンド座席表

国立代々木競技場 第一体育館は、スタンド座席に注意しなければなりません。

基本的に、ステージは渋谷側に作られます。

そして間違いがちなのですが、ステージに近いのはAブロックというのが、他の会場では基本ですが、国立代々木競技場 第一体育館は違います。

Lブロックが、最もステージに近いスタンド座席になるのです。

 

スタンド席の拡大図や、アリーナ席の他のパターンの座席表も詳しく知りたい方は

>>「国立代々木競技場 第一体育館の座席表を徹底解説!」のページをご覧ください。

ゆずの座席表やセットリストを知りたい方は、

>>「ゆず座席表特設ページ」をご覧ください。

スポンサーリンク

 - ゆず

  関連記事