ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

パシフィコ横浜 展示ホールの座席表 アリーナ・スタンド・アクセス情報

   


パシフィコ横浜 展示ホールの座席表・アクセス・地図・などの詳細情報


スポンサーリンク

パシフィコ横浜展示ホール

住所:横浜市西区みなとみらい1-1-1

電話:45-221-2166(交通案内) 045-221-2155(総合案内)

収容人数:約11000人~15000人

 

パシフィコ横浜 展示ホール地図

 

パシフィコ横浜 展示ホールへのアクセス

■電車・地下鉄でアクセス

最寄駅 みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩3分
※JR東海道線 / JR湘南新宿ライン(横浜駅乗り換え)
※東急東横線(みなとみらい線直通)

第二の最寄駅 桜木町駅より徒歩12分、バス7分、タクシー5分
※JR線京浜東北線・横浜市営地下鉄

 

東京駅(JR東海道線/26分)→横浜駅(みなとみらい線/4分)→みなとみらい駅(徒歩3分)→パシフィコ横浜

渋谷駅(東急東横線/26分(特急)みなとみらい線へ直通運転(/4分)→みなとみらい駅(徒歩3分)→パシフィコ横浜

新宿駅(JR湘南新宿ライン/33分)→横浜駅(みなとみらい線/4分)→みなとみらい駅(徒歩3分)→パシフィコ横浜

*JR京浜東北線、横浜市営地下鉄の場合は、桜木町駅をご利用ください。

■車・タクシーでのアクセス

横浜駅から約10分

桜木町駅から約5分

新横浜駅から約20分

羽田空港から約30分(高速道路利用)


スポンサーリンク

パシフィコ横浜 展示ホールの座席表 アリーナ席

パシフィコ横浜 展示ホールは総面積20,000mという、柱のない展示ホールとしては日本一の大きさを誇る会場です。

通常は企業の展示会場として使用されています。

ライブ会場として使用されるのは、福山雅治さんが年末に連続して開催するライブが有名ですね。

横長の会場で、展示場ということでスタンド席はなく、全てがアリーナ席になります。

アリーナ席はライブ・コンサートごとに変動するので、よく使用されている基本的な座席表パターンをご紹介します。

ステージの構成、花道の有無などによっても変わりますので、目安としてご覧ください。

■パシフィコ横浜 展示ホールのアリーナ座席表

パシフィコ横浜 展示ホールの座席表

 

この座席表は福山雅治さんがパシフィコ横浜 展示ホールで「Hotel de FukuyamaⅡ」を開催したときの座席表です。

パシフィコ横浜 展示ホールは横に長い会場で、普段は展示ホールとして使われるので、ライブを想定した作りになっていません。

なのでこれ全てアリーナ席で、2階のスタンド席はないことになります。

ライブによっては、最後尾ブロックの、この座席表でいうならEブロックに段差が設けられることがあります。

後ろのブロックだけ傾斜が付き、見やすくなる場合があるということですね。

 

しかしこの座席表ではステージが会場の真ん中に設置され、北側、南側になってもある程度見やすい距離になっています。

ステージからとても長い花道も延びているため、遠くの席からでもアーティストを真近で見ることができます。

しかしパシフィコ横浜で真ん中のステージになった場合は、やはり東側(緑)、西側(黄色)の幅が狭いブロックに当たったほうがステージに近いので有利になります。

 

そしてパシフィコ横浜展示ホールの座席数は、約11000~15000人。

この座席表の場合、かなりの面積をステージに使用しているので、約12000人入ったと仮定します。

その場合、全部で92ブロックあり、1ブロック辺りに座れる人数は約130人になります。

なので1ブロックはこのような座席表になります。

※ブロックの大きさやステージ環境によって多少前後します。

パシフィコ横浜展示ホールの座席表

パシフィコ横浜 展示ホールの座席表 スタンド席

パシフィコ横浜 展示ホールにはスタンド席がありません!

ライブによっては後ろの席のF~Eブロック辺りは段差を設けられる場合もあります。

背が低い人には後ろはかなり不利になる会場だと言えます。

スポンサーリンク

 - パシフィコ横浜 展示ホール

  関連記事