ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

小田和正 大阪城ホールの座席表

      2014/11/22


小田和正の大阪城ホールでのライブ開催が決定しました!


スポンサーリンク

大阪城ホールの最寄駅は、大阪ビジネスパーク駅(地下鉄長堀鶴見緑地線)と大阪城公園駅(JR環状線)になります。

それぞれの駅から大阪城ホールまでは、徒歩約5分ほどになります。

京橋駅、森ノ宮駅からは徒歩約15分ほどかかります。

 

全国座席表サイトでは大阪城ホール座席表情報、小田和正専用座席表ページから、詳しいライブ情報をお届けしています。

リンクは下記にありますので、小田和正のライブに行かれる方はぜひ参考にどうぞ。

 

ライブ日程

大阪城ホール
2015年3月11日(水) 17:30/18:30
2015年3月12日(木) 17:30/18:30

 

言葉にできないのサビ部分の秘密

前回に引き続き「言葉にできない」の内容について。

今回はとうとうサビですが、「らーらーらー」と言っているだけなのに、とっても心に残る歌詞ですよね。

どうしてこれほどまで心に刺さるのかというと、サビ前の歌詞で十分に人を惹きつけているからです。

愛する人を失ってこんなに悲しいのに、また他に愛する人を見つけるということが、悲しい。

と前半では言っているわけです。

 

そこからどうくるの!?と惹きつけられますが、小田和正はただ「らーらーら」だけを使い、最後に「言葉にできない」と締めくくります。

このシンプルでいて、複雑でどうしようもなく悲しい辛い感情は、もはや言葉では説明できない。

言葉で説明したとしても、それは無意味なものなんだと語っています。

 

どんなに言葉を並べて紡いでも、小田和正さんが歌う「らーらーらー」のほうがはるかにその悲しみを再現し、説得力があるように聞こえます。

小田和正さんも、オフコースを抜けた悲しみは言葉にできない、わたしたちファンには計り知れないものがあるんだと思います。

 

これは一般的な解釈をすると、フラれた人が違う人を愛さなければいけない、そうしなければいけない自分の愚かさが悲しい。と捉えられます。

わたしは最初てっきり、彼と別れたことが悲しい~と言っているだけの失恋ソングだと思っていましたが、かなり深い内容だったんですね。

 

そして、このサビ、実はオフコース時代からみてもかなり小田和正さんの中では珍しいものです。

小田和正さんは人の感情を言葉に表し表現することが得意ですよね。

しかしあえてこの言葉にできないは、一番肝である歌のサビ部分を「ら」だけで表現しています。

本当は言いたいことが山ほどある、考えていることも頭に入りきれないほどある、でも言葉にできないんだよ!

という、小田和正さん自身もかなり切羽詰ったものを感じます。

小田和正さんにとっても、この曲は苦しい思い出だったんではないかなと思います。

スポンサーリンク

大阪城ホールの座席表について

大阪城ホールの座席表は基本このような座席表になっています。

大阪城ホールのアリーナ座席表

大阪城ホールのアリーナ席はライブごとに変動します。

一番よく使用される座席表はこのような、縦62×横72のものです。

 

大阪城ホールのアリーナ座席表

上の座席表の1ブロックを拡大したものです。

この赤い数字の列と黒い数字の番号の2つの数字を組み合わせて、自分の座席を確認します。

 

大阪城ホールのアリーナ座席表

もう一つはアルファベットと数字のブロックでわけられている座席表です。

A~Dブロック、7ブロックまでで構成されています。

 

大阪城ホールのスタンド座席表

スタンド席は席が固定されているので、変動するとこはありません。

A~Nまでのスタンド席が設置されていて、ステージは基本的に西側に作られます。

 

もっと大阪城ホールの座席表について詳しく知りたいという方は、

>>「大阪城ホールの座席表を徹底解説!」のページをご覧ください。

小田和正さん専用の座席表ややセットリストを知りたい方は、

>>「小田和正特設ページ」をご覧ください。

スポンサーリンク

 - 小田和正

  関連記事