ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

名古屋ガイシホールの座席表 アリーナ・スタンド・アクセス情報

      2014/10/19


名古屋ガイシホールの座席表・アクセス・地図・などの詳細情報


スポンサーリンク


名古屋ガイシホール

住所:名古屋市南区東又兵ヱ町5丁目1番地-16

電話:052-614-3111

収容人数:約10,000人

 

名古屋ガイシホール地図


大きな地図で見る

 

名古屋ガイシホールへのアクセス

公共交通機関を利用する場合

JR名古屋駅→JR東海道本線 岡崎・豊橋方面(普通列車4駅)→笠寺駅→徒歩すぐ名古屋ガイシホール

名鉄名古屋駅→名鉄本線 岡崎・豊橋方面(普通列車7駅)→本笠寺駅→徒歩15分 名古屋ガイシホール

名鉄名古屋駅→名鉄本線 岡崎・豊橋方面(普通列車3駅)→神宮前駅→名鉄常滑線(普通列車3駅)→大江駅→徒歩15分 名古屋ガイシホール

 

中部国際空港(セントレア)を利用する場合

中部国際空港→名鉄空港線(特急列車7駅)→金山駅→JR東海道本線(普通列車2駅)→笠寺駅→徒歩すぐ名古屋ガイシホール

 

市バスを利用する場合

基1栄←→笠寺駅 「笠寺駅」下車すぐ

基1栄←→星崎又は鳴尾車庫 「南区役所」下車、徒歩10分

金山18金山←→要町 「南区役所」下車、徒歩10分

神宮12神宮東門←→鳴尾車庫 「北頭」下車、徒歩5分

神宮16神宮東門←→神宮東門または笠寺駅「日本ガイシ スポーツプラザ」下車すぐ

新瑞14新瑞橋←→ワイルドフラワーガーデン 「日本ガイシ スポーツプラザ」下車すぐ

新瑞13新瑞橋←→新瑞橋 右回り「笠寺駅」下車すぐ

新瑞13新瑞橋←→新瑞橋 左回り「日本ガイシ スポーツプラザ」下車すぐ


スポンサーリンク

名古屋ガイシホールの座席表 アリーナ席

名古屋ガイシホールのアリーナ席はライブ・コンサートごとに変動するので、よく使用されている基本的な座席表パターンをご紹介します。

ステージの構成、花道の有無などによっても変わりますので、目安としてご覧ください。

■名古屋ガイシホールのアリーナ座席表パターン①

名古屋ガイシホールのアリーナ座席表

ブロック番号によってわけられている座席表です。

この座席表の場合、AブロックからDブロックの少ないブロック数で構成されており、1ブロック辺りの座席数が多くなります。

1ブロック辺りの座席数は約150席~180席になります。

通常はAブロックがステージに最も近く、アルファベットが進むにつれてステージからは遠くなります。

A4ブロックとB4ブロックは花道やサブステージで存在しない場合も多く、C4辺りのブロックがサブステージ正面になることがあります。

上記の座席表の1ブロックを拡大した、詳細な座席図です。

名古屋ガイシホールのアリーナ座席表

基本的に横に12席、縦に15席の構成になっています。

例えばチケットに「アリーナ C6 46番」と書かれていたら赤の点あたりの座席になります。

 

■名古屋ガイシホールのアリーナ座席表パターン②

名古屋ガイシホールのアリーナ座席表

上記のパターン①の座席表と比べるとブロック数が多くなっている座席表です。

これはブロックが細かく分けられており、花道やサブステージが設けられている場合が多いです。

基本的に横7ブロックは変わりませんが、縦にブロックがのびることもあるということですね。

1ブロック辺りの座席数は約150ほどになります。

 

■名古屋ガイシホールのアリーナ座席表パターン③

名古屋ガイシホールのアリーナ座席表

チケットに「アルファベットブロック」、AブロックやBブロックのように表記がない場合は

「列」と「番号」によって座席が区別されます。

縦の赤い数字で示した番号が列、青い数字が番号になります。

横に7ブロック、縦に4~5ブロックほどで、1ブロックの座席数は150席~180席ほどになります。

名古屋ガイシホールのアリーナ座席表

上の座席表の1ブロックを拡大した図です。

まずはチケットに記載されている列を確認して、座席番号を探すとスムーズに自分の席がわかります。

 

名古屋ガイシホールの座席表 スタンド席

↓画像をクリックすると大きく表示されます。
名古屋ガイシホールのスタンド座席表

名古屋ガイシホールのスタンド席は2階、3階、4階に分かれています。

基本的にスタンド席のアルファベットはステージに近いほうからP、Aと続き、Eブロックが一番ステージから遠い座席になります。

PブロックとJブロックはステージの構成によっては存在しない場合があり、その場合はA、Iブロックがスタンド席では最前列になります。

しかし一般的にスタンド席はステージに近いほど見えにくく、SS席やA席など料金によってチケットにランクがある場合、P、A、J、IブロックあたりはB席ほどの扱いになります。

スポンサーリンク

 - 名古屋日本ガイシホール

  関連記事