ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

ナゴヤドームの座席表 アリーナ・スタンド・アクセス情報

      2014/10/19


ナゴヤドームの座席表・アクセス・地図・などの詳細情報


スポンサーリンク


名古屋ドーム

住所:愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1

電話:052-719-2121

収容人数:約45,000人

 

ナゴヤドーム地図

 

ナゴヤドームへのアクセス

■鉄道でアクセス

地下鉄・ ゆとりーとライン

「ナゴヤドーム前矢田駅」から 徒歩約5分

【所要時間】

「栄駅」から 12分

「大曽根駅」から 地下鉄で 1分

ゆとりーとラインで 2分

JR・名鉄 「大曽根駅」から 徒歩約15分

【所要時間】

「名古屋駅」 からJRで 12分

「金山駅」からJRで 8分

「栄町駅」から名鉄 (急行)で 6分

 

車でのアクセス

東名高速道路
名古屋IC下車、県道名古屋長久手線(広小路通)を西へ約8km、今池交差点を右折(環状線を北へ)約2km。

名神高速道路 、中央自動車道
春日井IC下車。国道19号線を南に約11km。平安2交差点を左折(東に)約1km、矢田5交差点を右折。

名古屋第二環状自動車道(旧東名阪)
勝川IC下車、国道19号線を南へ約4km。平安2交差点を左折(東に)約1km。矢田5交差点を右折

 

■飛行機でのアクセス

空港線:特急31分/ミュースカイ:24分)→金山駅(地下鉄名城線右回り:20分)→ナゴヤドーム前矢田駅

空港線:特急31分/ミュースカイ:24分)→金山駅(JR中央本線:8分)→大曽根

スポンサーリンク

ナゴヤドームの座席表 アリーナ席

ナゴヤドームのアリーナ席はライブ・コンサートごとに変動するので、よく使用されている基本的な座席表パターンをご紹介します。

ステージの構成、花道の有無などによっても変わりますので、目安としてご覧ください。

■ナゴヤドームのアリーナ座席表パターン①

名古屋ドームのアリーナ座席表

これはSMAPがナゴヤドームでコンサートをしたときのアリーナ座席表です。

ナゴヤドームで一番多く使用される、典型的なアリーナ座席表なのでご紹介します。

ステージに近いほうから、横にAブロックが並んでいます。A1~A17ブロックが、最前ブロックになります。

そしてその後方にBブロック~Eブロックまでが続き、縦5ブロック×横17ブロックの構成になります。

名古屋ドームのアリーナ座席表

上の1ブロックの座席表を拡大した図です。

多くのブロックは、縦15列、横12番ほどで構成されます。

 

■ナゴヤドームのアリーナ座席表パターン②

名古屋ドームのアリーナ座席表

これはMr.Childrenがナゴヤドームでライブを開催したときのアリーナ座席表です。

通常多く使用されるパターンは、ステージ最前列のブロックは、横にAブロックが続きます。

しかしこの座席表の場合は縦に同じブロックが続くという、珍しいパターンになっています。

Gブロックのチケットが当たった・・・一番後ろかも。ショック。

と普通はなるところですが、この座席表になっている場合はG1~Gブロックはかなりの良席だと言えます。

もちろんこの逆のことも起こりますので、縦と横が入れ替わった座席表には要注意ですね。

通常RブロックやSブロックは、普通の座席パターンだとチケットが発券すらされないので、このようなチケットが出回っている場合は、特殊な座席表だと考えられます。

ステージ中央の、花道に沿って作られているピンクのブロックは優先席です。

アリーナ全体は、縦に80列、横に216番までの座席数で構成されています。

 

■ナゴヤドームのアリーナ座席表パターン③

名古屋ドームのアリーナ座席表

変形ステージです。

アリーナ中央にメインステージを作り、アリーナ全体を花道で丸く囲むステージです。

ジャニーズやEXILEなど、ダンスやパフォーマンスを取り入れるアーティストによく見られるパターンです。

ステージが中央にある座席表は、どこの座席になっても平等なので、不公平感があまりないことがメリットです。

デメリットとしては、ステージ部分で多くの面積をとるため、座席数が少なくなり、人気なアーティストの場合だとチケットの落選が多くなることです。

 

ナゴヤドームの座席表 スタンド席

■ナゴヤドームのスタンド座席表

↓画像をクリックすると拡大されます。

名古屋ドームのスタンド座席表

ナゴヤドームのスタンド席は、固定されているため公演ごとに座席が変動することはありません。

チケットに記載されている番号で、しっかりと事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 - 名古屋ドーム

  関連記事