ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

松田聖子 大阪城ホールの座席表

      2014/10/19


松田聖子の大阪城ホールでのライブ開催が決定しました!


スポンサーリンク


大阪城ホールの最寄駅は、大阪ビジネスパーク駅(地下鉄長堀鶴見緑地線)と大阪城公園駅(JR環状線)になります。

それぞれの駅から大阪城ホールまでは、徒歩約5分ほどになります。

京橋駅、森ノ宮駅からは徒歩約15分ほどかかります。

全国座席表サイトでは大阪城ホール座席表情報、松田聖子専用座席表ページから、詳しいライブ情報をお届けしています。

リンクは下記にありますので、松田聖子のライブに行かれる方はぜひ参考にどうぞ。

 

日程

2014年06月28日(土) 大阪城ホール

2014年06月29日(日) 大阪城ホール

 

松田聖子のチケットが高い!

松田聖子のSS席とS席の価格差が激しいと話題になっていました。

SS席は22000円、S席は8900円と、S席だけでも一般的なチケットよりは

高く設定されていますね。

そこへきてSS席は2万円越!どっひゃーな価格ですが、売れ行きは

順調みたいです。

SS席なら必ずステージ前方の席で松田聖子さんを見れますし、スペシャルな

お土産もついてくるそうです。

松田聖子さんの長年のファンならこのチケット価格も納得ですよね。

ポールマッカートニーのアリーナ席が10万円越という驚愕なニュースが

ありました。スタンド席で4万円だそうで、いくら伝説の歌手で、

もう見ることはできないかもしれないというプレミア感でもこれは

ぼったくってますね。

これはオークションやダフ屋価格ではなく、公式価格です。

それに比べたら松田聖子さんのSS席も良心的な価格に見える・・・

心理的なマジックです!

 

SS席のお土産内容は?

2013年のお土産は、ネイビー&ピンクのツートンのトートバッグとキャップと、

シングル「LuLu!!」の缶バッチだったそうです。

ビニールの中に入っていて渡されるそうです。

 

松田聖子の赤いスイートピー伝説

松田聖子さんの大ヒット曲、赤いスイートピーですが、実はこの

曲が大ヒットした後、実際に赤いスイートピーが開発されたそうです。

今ある赤いスイートピーは、松田聖子さんがいなければ

世にはなかったわけですね。

そのくらい当時は影響力のある歌だったんだなと実感できる伝説の一つです。

 

面白いキャッチコピー

「あの歌声に参ったのは男たち。生き方に参ったのは女たちだった。」

このキャッチコピー知らなかったんですけど、面白いですね。

松田聖子さんを適格に表した表現だと思います。

松田聖子さんの生き方は、女性からすると憧れで参った!と言ってしまうような

人生ですよね。

現在の音楽業界には、松田聖子さんのポジションはしいて言うなら・・・

AKB48の前田敦子さんとかでしょうか。

しかし女性に憧れられてはいないから違うかな。

スポンサーリンク

大阪城ホールの座席表について

大阪城ホールの座席表は基本このような座席表になっています。

大阪城ホールのアリーナ座席表

大阪城ホールのアリーナ席はライブごとに変動します。

一番よく使用される座席表はこのような、縦62×横72のものです。

 

大阪城ホールのアリーナ座席表

上の座席表の1ブロックを拡大したものです。

この赤い数字の列と黒い数字の番号の2つの数字を組み合わせて、自分の座席を確認します。

 

大阪城ホールのアリーナ座席表

もう一つはアルファベットと数字のブロックでわけられている座席表です。

A~Dブロック、7ブロックまでで構成されています。

 

大阪城ホールのスタンド座席表

スタンド席は席が固定されているので、変動するとこはありません。

A~Nまでのスタンド席が設置されていて、ステージは基本的に西側に作られます。

 

もっと大阪城ホールの座席表について詳しく知りたいという方は、

>>「大阪城ホールの座席表を徹底解説!」のページをご覧ください。

松田聖子の2014年座席表やセットリストを知りたい方は、

>>「2014 松田聖子特設ページ」をご覧ください。

スポンサーリンク

 - 松田聖子

  関連記事