ライブの座席表はお任せ!アリーナ・スタンド情報サイト

全国のライブ会場の座席表をアーティストごとにチェックできる、アリーナ・スタンドの座席情報サイトです。

*

きゃりーぱみゅぱみゅ 大阪城ホールの座席表

      2014/10/19


きゃりーぱみゅぱみゅの大阪城ホールでのライブ開催が決定しました!


スポンサーリンク


大阪城ホールの最寄駅は、大阪ビジネスパーク駅(地下鉄長堀鶴見緑地線)と大阪城公園駅(JR環状線)になります。

それぞれの駅から大阪城ホールまでは、徒歩約5分ほどになります。

京橋駅、森ノ宮駅からは徒歩約15分ほどかかります。

 

全国座席表サイトでは大阪城ホール座席表情報、きゃりーぱみゅぱみゅ専用座席表ページから、詳しいライブ情報をお届けしています。

リンクは下記にありますので、きゃりーぱみゅぱみゅのライブに行かれる方はぜひ参考にどうぞ。

 

ライブ日程

大阪城ホール
10月23日(木) 開場:18:00 / 開演:19:00
10月24日(金) 開場:18:00 / 開演:19:00

 

きゃりーぱみゅぱみゅの恋愛事情

またまたSEKAINOOWARIのボーカル深瀬くんときゃりーぱみゅぱみゅ写真撮られちゃってましたね。

それもまた!一般人のツイッターです。

あれだけ堂々と歩いていれば撮られてもしかたないか・・・という感じです。

今回は踏切待ちのときの写真です。

 

わたしとしては二人のほのぼのした雰囲気が好きですが、周囲と溶け込みすぎていますね。

東京ならこのくらいの髪色のカップルはザラにいそうです。と思うのはわたしが田舎者なだけ?

きゃりーぱみゅぱみゅは電車や道端で撮られたりと、車を使わないデートが多いのかな?

 

きゃりーぱみゅぱみゅと今大人気のSEKAINOOWARIほどの大物カップルになると、電車移動は大変だろうなと思うんですけどね。

お互いのファンが声をかけてくるんではないかな。

それにしてもきゃりーぱみゅぱみゅはまだマスクと帽子などしてるのはともかく、深瀬くんはだいぶ気にしてないですねw

もうCMにも出まくり、アリーナツアーも決定しているほどですから、そろそろ本格的な変装はしたほうが普通にデートできるかもしれません。

 

2人の交際のもやもや感

きゃりーぱみゅぱみゅとSEKAINOOWARIわたしはどちらも好きなので、交際は嬉しいというか全然普通のことだと思うのですが、その発表の仕方というかそういうのが好きではないです。

堂々とデートするのはOKだと思います。しかし今時そんな格好していればツイッターにあがります。

その時どう対応するか。

 

例えば深瀬くんがウナギを救出した事件、結局二人のおのろけになっていましたよね。

詳しく言うと、深瀬君が道端で弱ったウナギを見つけてどうしよう、と困っていたのですが、そこにきゃりーぱみゅぱみゅが機転を利かせて袋を持ってきてくれたそうです。

なんかなーファン的にはこの二人どうなってるの?と思っている中、こうさらっと言われても・・・

フェイスブックを一瞬交際中にしたり、ポルトガル語で交際してるみたいな発言したり、ぶっちゃけその辺はキモいと思っちゃいます。

 

オープンにするのはけっこうですが、この状態ってオープンではなく、ただファンに対して誠意のない状態で見せつけて楽しんで酔ってるのかなという印象を受けます。

付き合ってるなら付き合ってる!と堂々と宣言して欲しいな。

スポンサーリンク

大阪城ホールの座席表について

大阪城ホールの座席表は基本このような座席表になっています。

大阪城ホールのアリーナ座席表

大阪城ホールのアリーナ席はライブごとに変動します。

一番よく使用される座席表はこのような、縦62×横72のものです。

 

大阪城ホールのアリーナ座席表

上の座席表の1ブロックを拡大したものです。

この赤い数字の列と黒い数字の番号の2つの数字を組み合わせて、自分の座席を確認します。

 

大阪城ホールのアリーナ座席表

もう一つはアルファベットと数字のブロックでわけられている座席表です。

A~Dブロック、7ブロックまでで構成されています。

 

大阪城ホールのスタンド座席表

スタンド席は席が固定されているので、変動するとこはありません。

A~Nまでのスタンド席が設置されていて、ステージは基本的に西側に作られます。

 

もっと大阪城ホールの座席表について詳しく知りたいという方は、

>>「大阪城ホールの座席表を徹底解説!」のページをご覧ください。

きゃりーぱみゅぱみゅの2014年座席表やセットリストを知りたい方は、

>>「2014 きゃりーぱみゅぱみゅ特設ページ」をご覧ください。

スポンサーリンク

 - きゃりーぱみゅぱみゅ

  関連記事